サプリメント・機能性食品の販売、女性専用健康体操教室「Curves」、リハビリデイサービス「nagomi」 



お問合せはこちら



  知里のミュージックエッセンスPartⅡ
  チバテレビ 木曜日8:30~9:00 日曜日7:00~7:30(再)
    番組内のワンコーナーでライフ薬品の健康長寿食とコラボした
    
「いきいき歌踊で健康ライフ」の放送が始まりました!

 
   ■第11回目は10月5日・12日放送
 
   テーマ
   「さんま」を食べて脳卒中を予防しよう!

   今日本人の死因第3位、国民医療費の1割を占めているのが「脳卒中」です。
  残暑から秋に変わるこの季節も脳卒中が起こりやすい時期なので、予防が大事になります。
  そんな時におすすめなのが”薬の魚”と言われる「さんま」です。
  さんまの代表的な栄養素として知られているのがDHA・EPAです。これは脂の一種で、
  血液をきれいにして血栓が詰まりにくい状態にしてくれるといわれています。
  しかし、水に溶けやすく熱に弱い特性があるので、これを逃さずにたっぷり摂れる
  レシピをご紹介します。
  しかも、さんまをさばかずにそのまま炊飯器に入れて炊くところがポイントです!
  また、さんま(魚)の脂は酸化しやすいので、人参(カロテン)・ごま(ビタミンE)
  を一緒に入れて炊き込むことで酸化を防ぎます!





「さんまの炊き込みご飯」

 


他の収録の合間も勉強中!



知里さんにも好評でした↑
 


<生臭さが出にくい切り方>
背から肛門にかけて斜めに切ることがポイントです


   秋さんまをそのまま投入
  「さんまの炊き込みごはん」
  

   <材料>3~4名分   <切り方>
   ・白米  2合 
   ・さんま 1匹 … 斜め切り*
   ・人参  1/3本 … 長さ3~4㎝で太めの千切り  
   ・干し椎茸2枚  … 水で戻して太めの千切り 
   ・油揚げ 1枚 … 縦半分に切って太めの千切り
   ・生姜  1片 … 5枚くらいに大きくスライス
   <調味料>
   ・醤油  大さじ2
   ・酒   大さじ2
   ・みりん 大さじ2
   ・だしの素 小さじ1
   ・干し椎茸戻し汁…適量
   ・小口ネギ…適量 





 <作り方>
 ①米をといで、ザルにあげておく
 ②人参、干し椎茸・油揚げ・人参・生姜
  の下準備をする
 ③炊飯器の釜に、米・調味料・②を入れ
  一番上に切った*さんまを乗せる
 ④干し椎茸の戻し汁で2合の目盛りに合わせる
 ⑤炊き上がったら10分蒸らし、
  さんまの骨とお好みで内臓を取り除く。



■過去放送分はこちら↓↓↓

第1回 「健長汁」で健康寿命を伸ばそう!
第2回 「大豆イソフラボン」で生活習慣病を予防しよう:トロトロ豆腐のあんかけ
第3回 「発酵食品」で腸から元気に!:ぬか漬け風漬物 
第4回 「魚」を食べて骨元気!:鮭と豆腐のナムル風 
第5回  認知症の秘訣はインドにあった:長寿カレー
第6回  夏バテ予防!:豆乳つけダレ
第7回  夏バテ防止第二弾:夏野菜と豆腐のスタミナみそ炒め=丘うなぎ
第8回  夏バテ「とまねぎ」で残暑を乗り切ろう!とまねぎドレッシング
第9回  世界の長寿食「ボロー」を作ろう:ボロー(日本の夏編)
第10回  夏の疲れを吹き飛ばせ!梨で疲労回復と乾燥予防を:梨みそ

第11回  秋はさんまを食べて脳卒中を予防!:さんまの炊き込みご飯
第12回  腸スッキリ腸元気!:さつま芋チヂミ
第13回  冷え性予防で健長汁を:健長汁~冬~
第14回  血圧安定で冬を乗り越えよう:さばのつみれ汁
第15回  お正月の準備第一弾!体ぽかぽか七福なます:七福なます

第16回 お正月は郷土料理×長寿食:長寿巻き